fbpx
  1. HOME
  2. 活動レポート
  3. 【宮城県丸森町仮設住宅支援】住民の憩いの場~おしゃべりサロン~

【宮城県丸森町仮設住宅支援】住民の憩いの場~おしゃべりサロン~

2019年10月の台風19号からもうすぐ2年。未だ爪痕が残っている宮城県丸森町ですが、山々が色づき始め、今年も秋がやってきました。

OBJでは仮設団地入居開始時より仮設住宅の住民が孤立しないようおしゃべりサロンを継続して開催しています。

最近サロンに参加し始めてくださった方から「サロンを楽しみにしている」とおっしゃっていただきました。ご高齢のため、私たちが耳元で何度かお話をつなぎ、スムーズに会話の輪に入っていただけるようになった様子。

宮城県丸森町

【自然豊かな丸森町の景色】

仮設住宅支援は丸森町との協力により実施しているため、定期的に丸森町役場での「見守り・相談事業の打ち合わせ会」に出席しています。
活動の報告の他、仮設住宅にお住いの方々が収穫する農作物を使った新しいコミュニティ形成の計画についてのお話などがあり、次の希望へつながっていくことを実感いたしました。

【屋外体操(※2020年10月様子)】

【屋外体操(※2020年10月様子)】

緊急事態宣言がでているために、各仮設住宅での活動は、サロンでのおしゃべりではなく、屋外で体操をすることに。その後、集会所などを解放して図書の貸し出しを行いましたが、皆さん週に一度サロンでお話されるのを楽しみにしている様子で、体操だけで解散というのは大変残念そうでした。

ただ普段は気兼ねしてサロンに参加されていなかった方が、体操に参加して喜んで帰っていかれる姿も。外での活動の方が気安く参加できる方もいらっしゃいます。

宮城県では緊急事態宣言が解除となり、まん延防止等重点措置に切り替わりました。
今後も様子を見ながら、また地域のご要望に耳を傾けながら、サロンや体操を実施してまいります。

宮城県丸森町仮設住宅支援は、丸森町との協力により実施されています。


OBJでは緊急災害支援から中期生活復旧支援、そして長期の復興コミュニティ支援まで、災害発生によって傷ついた地域のレジリエンスを引き出し回復していくまでの伴走的支援を行っています。皆さまの温かい応援とご支援とともに続けてまいりますので、引き続きご支援をよろしくお願いいたします!

寄付する 支援する

この記事へのいいねとシェアで私たちの活動を応援してください!

関連記事