fbpx
  1. HOME
  2. 心の支援

OBJの活動

心の支援

カウンセリング、ワークショップ、セミナー

【福島:心のケア】仮設住宅の生活で未来に見えるものはなに?

物理的な必要が整えられ、日常を取り戻したかと思われる地域にも、長い精神的ストレスから心身のバランスを崩したり、社会から孤立し離れてしまったりした人々が潜んでいます。

オペレーション・ブレッシングでは復興コミュニティ支援を通して地域に根差し、困難を抱えている人々の声に耳を傾け寄り添いながら、心の癒しのための援活動を続けています。

心の癒しと社会への繋がり

自分の家、生活、町、そして愛する人々を災害によって奪われた経験は心に深いトラウマを刻みます。
私たちはこの支援活動を通し、そのような経験をした方と数多く出会い、
その度に、彼らが希望と癒しを見つけ出すためにサポートしたいと強く願います。

一人一人の心に寄り添うカウンセリング
地域で励まし支え合うためのワークショップ
専門家によるセミナーなど、
一人でも多くの心が癒され社会との繋がりを再び持つことができるよう応援していきます。

心の支援活動

南相馬ブレッシング・ルーム
市民ソーシャルワーカー育成

社会的な制度・サービスを活用して地域の困りごとを解決するソーシャルワークを市民が学び、福祉の担い手となって地域を支えていく防災体制づくりの活動を進めています。

南相馬ブレッシング・ルーム
傾聴・カウンセリング

子どもや青年の引きこもり、高齢者や女性の孤立など、苦難の中に置かれている人々を決してひとりにしない社会を実現するため、傾聴やカウンセリングを行っています。

南相馬ブレッシング・ルーム
セミナー・ワークショップ

被災された方々の長期にわたる心の傷、それとともに関わる人々もまた心の支えが必要です。傷ついた状態から成長していく心のあり方やその支え方について専門家を交えて学んでいきます。