fbpx
  1. HOME
  2. 活動レポート
  3. 【福島:子ども支援】教会と連携した子どもの居場所づくり 健やかな成長を支えるために

【福島:子ども支援】教会と連携した子どもの居場所づくり 健やかな成長を支えるために

コロナ禍で二度目の夏休みを迎える子どもたち。
私たちが行っている学童保育でも、保護者の方から「夏休みの過ごし方」に関する悩みが以前から聞こえてきました。
思いっきり遊ばせたいと思う一方で、保護者が忙しく一緒にいられなかったり、家庭の事情で遠出が難しい子どもたちも。

「そんな子どもたちに、夏休みらしい最高の思い出をつくってあげたい。」
今回は、そんな思いを胸に子どもたちの居場所づくりに取り組むOBJ「夏休み特別お預かり」の様子をご紹介します。

地域の教会とも連携した取り組み

8月18日㈬、この日子どもたちを連れて訪れたのは、市内にある原町キリスト福音教会。
いつも学童でボランティアに来てくれる、みんなのお兄さん的存在の姜先生が招待してくれました。
「教会ってどんなところ?」「どんなものがあるの?」と子どもたちも興味津々です。

まずは姜先生による聖書のお話。今回のキャンプのテーマである「~It was very good~神様が作られた世界のすばらしさ~」について、創世記から世界のなりたちを紐解いてくれました。
【福島:子ども支援】教会と連携した子どもの居場所づくり 健やかな成長を支えるために
みんなで食べるかき氷は格別のよう。みんな素敵な笑顔です。

教会の横には、思いっきり遊べる広い公園が!さっそく遊び始める子どもたち。
水遊びやシャボン玉、かけっこにみんな夢中で、いつも以上に子どもたち同士の友情が深まった様子。



初めて教会に来たという子どもたちがほとんどでしたが、顔見知りのお姉さん・お兄さんと出会い、またひとつ地域に新しい居場所ができた様子でした。

「居場所」多いほど子どもたちの支えに

政府が発表した2021年版「子ども・若者白書」では、子どもや若者が居心地の良いと感じる「居場所」に着目し、「家庭」「学校」といった居場所が多いほど、「充実感」「将来への希望」などいずれの項目でも前向きな気持ちとなるとの結果が報告されました。

発表内容によれば、「今の自分が好きだ」という自己肯定感を持つ割合は、2016年度の44.8%から19年度は46.5%と高まっています。
その一方で、「ホッとできる居場所があるか」の質問に対し、

・「自分の部屋」
子ども・若者は、89%から85.3%に減少。

・「家庭」
79.9%から75.6%に減少。

・「どこにも居場所がない」
3.8%から5.4%に増加。

この報告では、居場所の数が多いほどチャレンジ精神や社会貢献意欲が高まる傾向も浮き彫りとなりました。たとえば、居場所の数が1つだと、チャレンジ精神を感じる割合は34.9%だったのに対し、3つだと47.8%、6つだと72.1%と上昇していきます。

「居場所」の重要性は、以前から指摘されてきました。しかし、子どもをめぐる状況は近年、厳しさを増し、なかなか居場所を確保できず、前向きになれない現状があることが、白書から読み取れます。

・「地域での付き合い」が「ある」
67.0%(2017年)から65.4%(20年)に減少。

・「団体などが行う自然体験活動への参加率」
63.3%(2008年)から52.3%(2016年)に減少しており、子どもと地域との関わりが薄れてきていることを示しています

18歳未満の子どもの相対的貧困率は16.3%(2012年)から13.5%(18年)に改善が見られるものの、児童生徒の自殺者数、いじめの重大事態件数、不登校者数やSNS被害児童数は軒並み増加しており、子どもや若者の生きる環境は厳しさが続いていると言わざるを得ません。
2020年からは、コロナ禍によって行動が制限され、さらのその厳しさが増しています。

私たちは、子どもたちをただ学童で預かるのではなく、地域のコミュニティに繋ぎ、そこから新しい人間関係や居場所を広げていく活動を行っています。
「自分を知ってくれている人がいる」「悩みを相談できる場所がある」という安心感が、子どもたちの健やかな成長を支え、そこでの繋がりが問題を抱えた時にも孤立しないセーフティーネットになると信じています。

私たちは「子どものケア」を通じたコミュニティ支援を、熱海土砂災害の被災地でも実施しています。
▼関係記事も合わせてご覧ください。
【子どもハートケア支援】夏休みキッズクラブが始まりました(静岡県熱海、福島県南相馬)
【熱海市土砂災害】伊豆山キッズクラブ ~地域のレジリエンスを高める~
【熱海市土砂災害】伊豆山キッズクラブ ~子どもの笑顔は地域の力に~

オペレーション・ブレッシング・ジャパンは、コロナや災害の影響で生活環境が大きく変わり、ストレスを抱えている子どもたちのケアを継続して参ります。皆様の温かいご支援を宜しくお願い致します。

▼オペレーション・ブレッシング・ジャパン支援活動の寄付はこちら(クレジットカード、銀行振込、郵便振替)
 https://objapan.org/donation/donation-ob

▼現在熱海土石流災害のクラウドファンディングを実施しています(8月3日~9月20日)
  ※クレジットカード、コンビニ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、PayPal、FamiPay、PayPay、楽天ペイをご利用いただけます。
 https://camp-fire.jp/projects/view/467874

▼郵便振替
 振込先口座 ゆうちょ銀行 当座 二二九店 135913
 口座記号番号 02260-8-135913
 オペレーション・ブレッシング・ジャパン
 (こちらの内容をご記入ください 1. お名前 2. フリガナ 3. メールアドレス 4. 郵便番号 5. ご住所 6. 電話番号)

▼銀行振込
 振込先口座 三井住友銀行 仙台支店 普通 2202482
 特定非営利活動法人 オペレーション・ブレッシング・ジャパン
 (こちらの内容をご記入ください 1. お名前 2. フリガナ 3. メールアドレス 4. 郵便番号 5. ご住所 6. 電話番号)

関連記事