1. HOME
  2. 活動レポート
  3. 【千葉台風15号災害】オレゴンチームと合流

【千葉台風15号災害】オレゴンチームと合流

館山市内にはまだ20名以上の避難者がおられます。
高齢者の多い避難所での食事はレトルト食品が中心で、我慢を強いられています。
ボランティアセンター事務局には、片付けが間に合わず、自分で片付けしていたお腹の大きなお母さんが流産してしまったというニュースが飛び込んできました。
出産を地域のみんなも楽しみにしていたところの報せに悲しみに包まれています。
社協ではまだ200件待ちという状態の中、少しでも早く、地域の方々に安心が訪れることを願います。

オペレーション・ブレッシング・ジャパンは、屋根の瓦を整えたり、商店街の瓦礫をトラックで処理場へ搬出したり、日々飛び込むあらゆる案件に対応しています。
先日は倒木をチェーンソーで伐採して処分し、歴史的文化遺産を保存する小学校(閉校)で大工作業を行いました。
携わる案件が一つ一つ異なるため、新たな現場に入るたび気を引き締める必要があります。


また今回は、遠くアメリカのオレゴン州より災害ボランティアチーム「ホープジャパン」も駆けつけでくださいました。
季節外れの厳しい暑さのなか、共に支援活動にあたってくれており、地域の人々にとっても私たちにとっても、大変心強い存在となっています。

多くは、被災した状態で助けも呼べず、途方に暮れる高齢者。
私たちは被災状況に合わせて都度、材料や器材を揃える必要があります。
どうぞ皆さまの応援をよろしくお願いいたします。

■千葉台風15号災害支援の窓口

寄付する


■Chiba Disaster Relief (2019 Typhoon Faxai)
Donate Now

関連記事

活動レポート:おすすめ記事

活動レポート:最新記事

特集記事

Gallery ギャラリー

OBJAPANMEDIAギャラリー

活動レポート:アーカイブ

お知らせ:アーカイブ