fbpx
  1. HOME
  2. 活動レポート
  3. 【コロナ対策支援】除菌水で安心・安全を届けよう!全国に広がる笑顔の輪

【コロナ対策支援】除菌水で安心・安全を届けよう!全国に広がる笑顔の輪


4月から開始したコロナ対策支援「除菌水製造・配送プロジェクト」が、今月19日で一カ月を迎えました。
これまでに全国700件の医療・福祉施設に、1万4,000リットルの除菌水をお届けすることができました!
皆様の温かいご支援と応援を心から感謝致します。

このプロジェクトは、2011年の東日本大震災時からの支援パートナーであるSAPジャパン株式会社の助成協力をいただきながら運営しています。
除菌水のタンクを梱包する際は、除菌水の使用方法を記載した説明書に加え、SAPジャパン株式会社の社員の方々から届けられた応援メッセージも添えてお送りしています。
十分な衛生用品・医療物資が届かない中で、疲弊している現場の方々を少しでも応援できればという想いが込められています。

緊急事態宣言も大幅に解除され、運営再開へ向けて開所準備を進める福祉施設も増えてきましたが、消毒液の不足は引き続き深刻です。
そのような中で、除菌水を受け取った施設から喜びの声と共に笑顔のお写真が続々と寄せられています。今回いくつかのメッセージをご紹介いたします。

【熊本】YMCAみなみセンター様

YMCAみなみセンターのサザンスクールは、小学生のこどもたちをお預かりする放課後アフタースクールです。小学校の休校に伴いこどもたちを朝からお預かりして、3ヶ月が経とうとしています。職員は毎日、業務のほかに机や椅子の消毒に忙殺されかけてました。
そんな時、天使が舞い降りました。「私たちがやるよ!」天使はこどもたちでした。
今回お送りいただいた除菌水とマスクは積極的に活用させていただきます。貴団体のご厚意まことにありがとうございます。

【神奈川】金沢八景YMCA学童クラブ様

子どもたちが良く使う部分の殺菌、消毒に次亜塩素酸水は有効活用させていただきます。学童の子どもたち、リーダーもとても喜んでいました!どうもありがとうございます!

【福岡】地域非営利活動センター 福祉会すまいる様

このたびはすぐ微酸性電解水とマスクを送って頂きありがとうございました。消毒液の在庫がなくなり、薄めて少しづつ使用していたので本当に助かりました。
「すまいるハウス」は生まれ育った地域や社会と繫がっていく場所として約20年間活動を続けています。今回のコロナの影響で三密を防ぐため分散しての利用となっていますが、自宅だけで過ごすのが難しいメンバーが多いので、すまいるハウスでの時間をとても楽しみにしています。寄付して頂いた除菌水とマスクを活用しながら、みんなで元気に頑張ります。

【福岡】有料老人ホーム銀の庵 古殿

国際NGOオペレーション・ブレッシング・ジャパンさんより、マスクと次亜塩素酸水が届きました!まだまだ品薄の状況の中、ありがたく使わせて頂きます!
一日も早く穏やかな日常が戻ることを願いつつ、それでも明るく楽しく過ごしています♪

 

 

途切れることのない除菌水要請

今回の緊急事態態宣言の解除によって、全国的に収束の道筋を描き始めている方も多いのではないでしょうか。
小学校や休業していた飲食店も営業を再開し、わずかながらでも以前の日常が戻りつつある気配が漂っています。
しかし、医療・介護現場においては、まだまだ予断を許さない状況です。
ワクチンの実用化や特効薬の開発よってインフルエンザ等と同等の治癒できる病とならなければ、日々感染との戦いは続きます。身体介助などによって特に密を避けられない介護現場では、続けて衛生を保つための除菌水が必要です。

緊急事態が解除されても、毎日続々と除菌水を求める声がたくさん届いています。
どうか続けて医療・福祉現場に除菌水を届けるプロジェクトを応援してください。

【緊急】新型コロナウィルス対策支援募金
寄付する
 

この活動はSAPジャパン株式会社の助成協力をいただいて実施しています。

SAPロゴ

関連記事

活動レポート:おすすめ記事

活動レポート:最新記事

特集記事

Gallery ギャラリー

OBJAPANMEDIAギャラリー

活動レポート:カテゴリー

活動レポート:アーカイブ

お知らせ:アーカイブ