fbpx
  1. HOME
  2. 活動レポート
  3. 暖かく過ごしてもらうためにー 灯油とヒーターの支援

暖かく過ごしてもらうためにー 灯油とヒーターの支援

blog_110318_01

今日私たちは、被災者1,000世帯が住んでいる大槌町の避難所に救援物資を届けました。町民17,000人の内、約半分は未だ行方不明の状態です。凍てつくような寒さの中で被災者に暖かく過ごしてもらうために、私たちは灯油(現時点ではお金よりも貴重)と灯油ヒーターを購入しました。その他に、懐中電灯用の電池、調理用ガスコンロ、食料、水、女性用生理用品やトイレットペーパーを含む衛生製品等も届けました。blog_110318_02blog_110318_03

自衛隊と警察からも特別な協力をいただいており、今日は警察のパトカーの先導で狭い峠道を走りました。町への主要道路はまだ津波の残骸で埋まっているため、避難所へ行く唯一の道はその峠道しかなかったからです。

blog_110318_04blog_110318_05blog_110318_06blog_110318_07

関連記事

活動レポート:おすすめ記事

活動レポート:最新記事

特集記事

Gallery ギャラリー

OBJAPANMEDIAギャラリー

活動レポート:カテゴリー

活動レポート:アーカイブ

お知らせ:アーカイブ