1. HOME
  2. 活動レポート
  3. いまだ不安の中の生活 -2018年 福島での支援活動-

いまだ不安の中の生活 -2018年 福島での支援活動-


2011年3月11日 東日本大震災による
福島第一原子力発電所の炉心溶解事故
南相馬市の汚染土壌の仮置き場

国は追加被爆量が年間20mSv以下になるように除染を進めてきました。
2017年3月 帰還困難区域をのぞいて避難解除された浪江町やいまだ帰還困難な大熊町
国際放射線防護委員会は被爆量は長期的には年間1mSvを目標にと勧告しています。

国の方針と国際社会とのずれという
不安にかき回されながら生活を送る地域の方々を取材し、オペレーション・ブレッシングのコミュニティー支援を紹介します。

関連記事

活動レポート:おすすめ記事

活動レポート:最新記事

特集記事

Gallery ギャラリー

OBJAPANMEDIAギャラリー

活動レポート:アーカイブ

お知らせ:アーカイブ