fbpx
  1. HOME
  2. 特集
  3. 「市民ソーシャルワーカー育成プロジェクト」を設立しました

特集

TOPICS

「市民ソーシャルワーカー育成プロジェクト」を設立しました

この度オペレーション・ブレッシング・ジャパンは、予測不能な災害多発時代を生き抜く、地域ぐるみの防災対策の一環として、「市民ソーシャルワーカー育成プロジェクト」を立ち上げました。

プロジェクト設立の背景

災害発生時は情報が混乱し、行政や福祉専門職といった公的機関に支援の要請が殺到するため、災害弱者と呼ばれる方々が支援を受けられないまま地域から孤立してしまうケースが増加しています。災害弱者とは、普段の生活からまわりの手助けを必要としている「高齢者」や「障がい者」・「傷病者」、災害情報の入手や安全確認が困難な「外国人」なども含まれ、普段から住民同士がつながり、互いを見守る防災ネットワークづくりが急務となっています。

このプロジェクトでは、社会的な制度・サービスを活用して地域の困りごとを解決するソーシャルワークを市民が学び、福祉の担い手となって地域を支えていく防災体制づくりの活動を進めています。

【千葉台風19号・大雨災害】新しい災害支援の在り方【被災者のお宅を訪問し、相談に乗るソーシャルワーカー。不安を打ち明けられる存在が身近にいるということが、被災者の社会的孤立を防ぐ】

 

「災害市民ソーシャルワーカー」ガイドブックを制作

その活動の一環として、「災害時に困っている人を助けるために市民にできること」について、事例をもとにまとめたガイドブック(タイトル:災害時あの人をたすけたい~あなたの町・コミュニティの『市民ソーシャルワーク』実践~)を制作致しました。

このガイドブックは、OBJが昨年の千葉台風19号災害で支援活動をともにしたCWSジャパン actアライアンス、社会福祉法人ミッションからしだねと共同製作しました。「災害時に困っている人を助けるために、市民にできることは何か」について、事例をもとにわかりやすくまとめた手引書になっています。

大規模な災害が起きたとき、被災した人たちのなかには自ら助けの声を出せない人、自分が何に困っているのかうまく伝えられない人が数多く存在します。こうした災害時における「目に見えない被災者」を支援する上で重要になってくるのがソーシャルワークの働きです。

ソーシャルワークとは、生活のしづらさを抱えている人々を発見し、問題解決へつながる支援に結び付けていくことです。自然災害が頻発している今だからこそ、地域住民がこの働きに知識を広げ、もしもの時できることは何かを考えていく必要があります。

市民ソーシャルワーカー育成プロジェクト内容

このプロジェクトでは、ガイドブックをテキストとして活用し、被災者に対するより実践的な支援が行えるよう、専門職による講習会を実施してまります。地域住民が福祉の担い手として知識と技術を身に着け、災害に負けない地域ぐるみの助け合いネットワークを創り上げていくことが、本プロジェクトの大きな目標です。

左のシートは、実際に支援現場で使用される「被災者生活状況調査票」です。この調査票は、ガイドブックと同じく台風19号災害支援の現場の事例を参考に、被災者のニーズをよりわかりやすく汲み取り必要な支援に繋げられるよう制作しました。

講習会では、ガイドブックとこの調査票を併用し、被災者の生活上の困りごとといかに向き合い解決していくかを、ワークショップ形式で学んでいきます。

市民ソーシャルワーカー育成プロジェクト団体

 

OPERATION BLESSING

 

 

 

【市民ソーシャルワーカー育成プロジェクト事務局】

特定非営利活動法人オペレーション・ブレッシング・ジャパン

お問合せはこちら

市民ソーシャルワーカー育成プロジェクトプレスリリース.pdf