1. HOME
  2. 活動レポート
  3. 【福島】夏休み特別お預かり終了とお知らせ

【福島】夏休み特別お預かり終了とお知らせ

ブレッシングルームでは夏休みの特別お預かりが終了し、通常の放課後児童クラブがはじまりました。
今回は、夏休み特別お預かりの一部をご紹介します。

心のケアセンターなごみさんご協力のもと、みんなで地元のスウィーツ「牛乳寒天」を作りました。
【福島】懐食ワークショップ開催
ある日は北泉シーサイドパークで思いっきり遊んだり…

またある日は夏の思い出をスケッチして紹介してもらったり。

最後は互いの別れが惜しくなるほど仲良くなったお友達もいて、とても内容の濃い9日間となりました。
あとりえクラブ「夏休み特別お預かり」実施中

震災後被災地での学童保育は、子どもたちが安心・安全に過ごせる放課後の居場所としてだけでなく、希薄化しがちな同世代同士との交流の場として、より一層重要な存在となっています。
オペレーション・ブレッシング・ジャパンが運営している学童保育(あとりえクラブ)では、学校区を越えた子どもたちとのかかわりを大切にしながら、地域で安心して子育て・就労ができる環境の働きかけを行っています。
今回お預かりを利用された保護者の方からいただいたアンケートを一部紹介いたします。

【以下保護者の声】


「思いっきり遊べたことがうれしかった様子でした。
この場所があることで、学校だけが全てじゃないことを知ってくれたような気がします。」


「夏休みの特別プログラムを実施していただき、とても楽しい一日を過ごさせていただきありがとうございます。
今回は8月のみのお預かりということで、予定と重なり、2~3回しか参加できませんでしたが、来年はぜひ7月も開催していただけると助かります。今後ともよろしくお願いいたします。」


「お預かりに行く前から楽しみにしていましたが、終了した後も「楽しかった」とずっと言っています。
牛乳寒天作り、タピオカ作り、パフェ作り、手さげバッグ制作、工作など、すべて楽しかったそうです。
夏休みの宿題の一行日記にもしっかり書いていました。」


「何よりも、行っている子どもの楽しそうな様子と、行きたいという意志が全てだと思います。
嫌々参加させたくないので、我が家は子どもの意志を尊重しました。
ただ一日を何となく過ごすのではなく、料理や創作や歌など、プログラムを取り入れてくれたことも大変ありがたかったです。料理などは家庭ではなかなかできないし、そもそもやりたがらないのですが、あとりえだと楽しいからやるのですね。
そういった家庭とは違う一面を知れて、私も発見のあるお預かりでした。

夏休み特別お預かりが、子どもたちの成長の場、学びの場として保護者の方に喜んでいただけたことを大変うれしく思います!

そして皆さんのお知らせです。
9月から、ブレッシングルームで行われている学童保育「あとりえクラブ」が、「ブレッシングクラブ」に名称を変えて再スタート致します!
ブレッシングクラブでは、児童をお預かりする時間に合わせて、曜日ごとに運動・料理(アート)・英語・歌といった様々なプログラムを実施していきます。
ブレッシングルームがこの南相馬の地で、子どもたちのかけがえのない学びの場、そして地域住民の皆さんとのつながり創出の場として用いられるよう、ますます邁進してまいります!

ブレッシングルームのイベント情報にご興味がある方は、下記フォームからら案内配信メールをご登録いただけます。
ブレッシングルームイベント情報に登録

関連記事

活動レポート:おすすめ記事

活動レポート:最新記事

特集記事

Gallery ギャラリー

OBJAPANMEDIAギャラリー

活動レポート:アーカイブ

お知らせ:アーカイブ