fbpx
  1. HOME
  2. 活動レポート
  3. 【緊急支援】ウクライナと平和のために祈りと支援を

【緊急支援】ウクライナと平和のために祈りと支援を


Operation Blessing緊急支援寄付受付はこちら


想像してみてください。あなたの家を離れ、行ったこともない場所へ逃げなければならない日が来ることを。
これまで当たり前だと思っていた家族との時間、平和な日々が突然、戦争により取り去られてしまうことを。

未だ終わりがみえないウクライナで、希望を持ち続け避難している人々がいます。

ロシア軍の侵攻直後より食料や水、発電機の提供を開始

2月24日、ロシアの軍事攻撃による爆撃音が各州の至るところで響き渡りました。
この緊急事態を受けて、現地オペレーション・ブレッシングチームは市民への食料や水の配給、ライフラインが寸断された地域に向けて20個の発電機の手配を開始。一家族一週間分の食料セット600袋が瞬く間になくなり、地元教会に設置された発電機は、家族や友人と連絡を取り合うスマホ充電に活用されました。

オペレーション・ブレッシングの母体であるChristian Broadcasting Network (CBN)は、2014年以来ドネツク州を含むウクライナ東部の紛争地帯で活動しており、その後支援事業をキエフやウクライナ全土の他の都市まで展開してきたため、いち早く活動を開始することができました。

ウクライナ国内外での物資支援

現在はウクライナ国内およびポーランドの国境付近において、食料品を中心に様々な救援物資をトラックに積み込み、一週間かけて各地を回り、困窮している方々のもとへ届けています。

食料はパスタやオートミール、お米だけでなく、支援者が寄贈してくださった色々な食べ物も含まれています。店が不足している今、生活物資を必要としている市民にとってはとても重要な支援です。物資が行き渡らず苦境に立たされているウクライナ市民へ、少しでも安心を届けられますように。

ポーランド国境付近での難民支援

また周辺国国境付近では姉妹団体や地元の教会と協力し、戦火を逃れてたどり着く人々に暖かく安全な場所と食料や生活物資を提供し支援を続けています。

キッチンカーでは温かい飲み物や食べ物を受け取り、長く危険な道のりで緊張していた表情が緩みます。暖かいテントでは、スタッフが寄り添い話を聞きともに祈り、子どもたちの遊び相手もしています。ほとんど何も持たずにたどり着きますので、必要生活物資や衣類、それに子どもたちにはおもちゃや絵本も喜ばれています。

次の目的地への準備をサポート

必要に応じて教会や周辺の施設に備えた場所に滞在し、次の目的地へ向かうための準備をサポートしています。

ウクライナ支援 教会 難民支援

想像してみてください。着の身着のまま、行く先で何があるのかも分からずに故郷を後にしなければならない日がくることを。その先で出会う温かな笑顔と優しさが、その先の人生にどれだけの勇気と希望をもたらすことでしょう。
あなたの思いやりをぜひ、彼らの希望の灯としてお送りください。オペレーション・ブレッシングは皆さんの温かな想いとともに活動を続けていきます。

ウクライナ緊急支援募金にご協力ください!

皆様の寛大な支援に感謝します

私たちがいち早く支援を開始し、これまでも広い範囲にて継続的に支援活動を実施できていることは、日ごろからご支援いただいている皆様のおかげと感謝しています。

ウクライナ支援

オペレーション・ブレッシングは現地にとどまり、ウクライナの人々を可能な限り長く支援することに尽力していきます。
大きく人生を狂わされながらも、希望を持って前に進み続ける人々のため、現地で人道支援活動を続けているオペレーション・ブレッシングチーム、その他各団体の人々の働きのためにも引き続きお祈りください。

現地に平和的解決がもたらされ、ウクライナ市民の尊い命が守られるよう共に祈りましょう。

▼現地レポートもご覧ください
YouTube:https://www.youtube.com/c/objapan
Facebook:https://www.facebook.com/operationblessingjp
Twitter:https://twitter.com/OperationBlessJ


Operation Blessing緊急支援寄付受付はこちら


関連記事