fbpx
  1. HOME
  2. 活動レポート
  3. 【ウクライナ支援】「子どもだけは必ず守り抜く」国境を超えた母親を待っていたものとは?

【ウクライナ支援】「子どもだけは必ず守り抜く」国境を超えた母親を待っていたものとは?

ウクライナ
ウクライナ出身で二児の母であるケセニアさんは、まさに死の恐怖と隣り合わせの状態で国外に脱出する決断を迫られました。
もともと自宅避難をつづけるつもりだった彼女でしたが、目の前の通りで砲弾が爆発し、2本の電柱が倒壊。ケセニアさんと家族は通信手段を失い、どこにも助けを求めることが出来ない停電状態に陥りました。

近所の家では火の手があがり、ほんの少し前まで彼女たちが穏やかに過ごした日常の景色が、日に日に恐ろしい風景へと塗り替えられていきました。
爆発が建物を吹き飛ばす爆音、床を震わす振動に子どもたちとおびえる毎日。「もうこれ以上子どもたちを危険にさらせない」と、彼女はついに国外への脱出を決意しました。
ウクライナ
しかしそれは、将来が全く見えない、長い不確かな旅をしなければならないことを意味します。
自分が離せない言葉が飛び交う場所で、果たしてどう生き抜いていけるだろうか。
そんな不安を抱えながら、厳しい寒さのなかやっとたどりついた国境で彼女たちを待っていたのは、自分たちを労わり励ましてくれるオペレーション・ブレッシングのチームでした。

生活に必要な物資や食料、冷えた体を温める食事を受け取り、子どもたちも安心して休める場所が与えられたケセニアさん。恐ろしい体験ばかりで緊張続きだった心が、ほっと一息つけた瞬間でもありました。
ウクライナ

オペレーション・ブレッシングは彼女のような家族のために、生活に必要な物資、食料、疲れた体を休める避難所を提供し続けています。
私たちの働きを通して、ウクライナを支援してくださる皆さまの存在に心から感謝致します。
あなたが捧げてくださったご寄付や祈りが、ケセニアさんをはじめ苦難の渦中にある人々の心を励まし支え続けています。

ケセニアさんは最後に、スタッフに次のような言葉をかけてくれました。

「ウクライナのために全世界が祈ってくれているとは思っていませんでした。
多くの人たちが私たちのことを気にかけてくれていることを覚えて、私たちも祈っています。」

ロシアの軍事侵攻が開始されて以降、平和を願う祈りが世界中で捧げられています。引き続き戦争被害者と難民となった家族、戦いの場に置かれている兵士たち、そして現地で活動するスタッフのためにお祈りください。

ウクライナ

Operation Blessing緊急支援寄付受付はこちら

Operation Blessingクラウドファンディングはこちら

関連記事