1. HOME
  2. 活動レポート
  3. 【福島:復興支援】“Ichigo Jam 子どもIoTハッカソン”親子プログラミング体験を実施

【福島:復興支援】“Ichigo Jam 子どもIoTハッカソン”親子プログラミング体験を実施

「BEEP」「Enter」「RUN」
小さな緑色の基盤につながったキーボードから命令すると、指示通りに「動き出す」。
イチゴのニット帽をかぶった講師の(株)jig.jp 福野社長が、IchigoJam(福井県鯖江発のこどもパソコン)を使い、「コンピューター」の仕組みを教えてくれました。
会場となった南相馬市 石神生涯学習センターに集まったこどもたちとその保護者の皆さんも小さなマイコンボードに夢中です。

【福島:復興支援】“IchigoJam 子どもIoTハッカソン”親子プログラミング体験を実施

【福島:復興支援】“IchigoJam 子どもIoTハッカソン”親子プログラミング体験を実施

【福島:復興支援】“IchigoJam 子どもIoTハッカソン”親子プログラミング体験を実施

2016年11月19日(土)オペレーション・ブレッシング・ジャパンとSAPジャパン株式会社、そしてNPO法人エル・コミュニティは協同で、こども向けの「親子で参加できるプログラミング体験セッション」を実施しました。
このプログラミングセッションは対象年齢が6歳からと小さなこどもでも無理なく学ぶことができ、こどもたちにプログラミングを通して作る喜びを体験してもらいます。

【福島:復興支援】“IchigoJam 子どもIoTハッカソン”親子プログラミング体験を実施

【福島:復興支援】“IchigoJam 子どもIoTハッカソン”親子プログラミング体験を実施

「若者の成長なくして、地域に未来はない」と話す、NPO法人エル・コミュニティの代表竹部 美樹さん。
福井県鯖江市で、IT技術を学ぶ「Hana道場」をSAPジャパンと運営し、
東京でないとビジネスができないという風潮を打ち破り、地方でもITを使ってビジネスの機会を創出ができることを伝えています。

【福島:復興支援】“IchigoJam 子どもIoTハッカソン”親子プログラミング体験を実施

【福島:復興支援】“IchigoJam 子どもIoTハッカソン”親子プログラミング体験を実施

若者たちがまちづくりをしながら学び、活躍できるフィールドが欲しい。
これは震災で疲弊し、急速な過疎化が深刻な影を落としている南相馬市にとっても切実な課題です。

参加してくれた子どもは
「ゲームが大好き! 今日習ったことを使って、家で野球ゲームづくりに挑戦します。」
と笑顔で教えてくれました。

【福島:復興支援】“IchigoJam 子どもIoTハッカソン”親子プログラミング体験を実施

【福島:復興支援】“IchigoJam 子どもIoTハッカソン”親子プログラミング体験を実施

【福島:復興支援】“IchigoJam 子どもIoTハッカソン”親子プログラミング体験を実施

【福島:復興支援】“IchigoJam 子どもIoTハッカソン”親子プログラミング体験を実施

【福島:復興支援】“IchigoJam 子どもIoTハッカソン”親子プログラミング体験を実施

福島県南相馬市からどんな夢が創られ、育っていくのか…。
オペレーション・ブレッシング・ジャパンとSAPジャパン株式会社は
福島と東北の未来を担う子どもたちの、広がる「夢」を支援していきます。

■福島支援の窓口
支援</p> <p>のお願い

関連記事

活動レポート:おすすめ記事

活動レポート:最新記事

特集記事

Gallery ギャラリー

OBJAPANMEDIAギャラリー

活動レポート:カテゴリー

活動レポート:アーカイブ

お知らせ:アーカイブ