1. HOME
  2. 活動レポート
  3. 【福島:復興支援】福島の高校生が挑戦 次世代を育てる経営シミュレーション

【福島:復興支援】福島の高校生が挑戦 次世代を育てる経営シミュレーション

『震災からの復興』と『次世代の育成』を目的とした支援。
オペレーション・ブレッシング・ジャパンはSAPジャパン株式会社と協力し
福島県南相馬市で高校生を対象とした取り組みをしています。

福島の高校生が挑戦  次世代を育てる経営シミュレーション

福島の高校生が挑戦  次世代を育てる経営シミュレーション

福島の高校生が挑戦  次世代を育てる経営シミュレーション

2016年10月21日
福島県立小高商業高等学校の三年生に
SAPが提供しているソリューションを使った経営シミュレーション「ERPsim」で特別授業を受けてもらいました。

福島の高校生が挑戦  次世代を育てる経営シミュレーション

福島の高校生が挑戦  次世代を育てる経営シミュレーション

福島の高校生が挑戦  次世代を育てる経営シミュレーション

学生たちは商業高校の3年間で学んだ「簿記」「マーケティング」「経営」などの知識を使って、リアルタイムで進行する市場での経営シミュレーションに挑戦します。
SAPジャパンのボランティアメンバーの指導の下、6つの商品を販売し、その利益を9つに分かれたチームで競います。
瞬時に変化する市場動向に注意してチームで連携協力しなければ業績を上げることができません。

福島の高校生が挑戦  次世代を育てる経営シミュレーション

福島の高校生が挑戦  次世代を育てる経営シミュレーション

福島の高校生が挑戦  次世代を育てる経営シミュレーション

福島の高校生が挑戦  次世代を育てる経営シミュレーション

福島の高校生が挑戦  次世代を育てる経営シミュレーション

「このERPsimを使うことで、これまで部分としてしか教えられなかったものを経営全体として実感してもらえるところが画期的です。」
と話してくれた商業科主任で進路指導部の眞野先生。

福島の高校生が挑戦  次世代を育てる経営シミュレーション

参加してくれた3年生にとってこれからの進路を自分で決めていく
夢と自立へ期待と不安が膨らむ、そんな時期。
実際、学生の何人かは進学し、また何人かは実社会で活躍することが決まっています。
震災という困難な時期を通ってきた学生たちが、逞しく未来を切り開いていってくれることを願ってやみません。

福島の高校生が挑戦  次世代を育てる経営シミュレーション

SAPジャパンからボランティアで参加してくださったメンバーのひとり服部さんは
「社会の中で生きるひとりとして、誰かのお役に立てることが嬉しいんです。」
と答えてくれました。

福島の高校生が挑戦  次世代を育てる経営シミュレーション

オペレーション・ブレッシング・ジャパンはNGOと企業との連携を通じて被災地の社会復興へ貢献していきます。

■福島支援の窓口
支援</p> <p>のお願い

関連記事

活動レポート:おすすめ記事

活動レポート:最新記事

特集記事

Gallery ギャラリー

OBJAPANMEDIAギャラリー

活動レポート:アーカイブ

お知らせ:アーカイブ