オペレーション・ブレッシング・ジャパンは寄付金や物資を届ける支援活動を世界39ヶ国で行っている国際NGOです。Operation Blessing International (OBI)の日本での活動を担っています。

児童養護領域の支援活動 Bless A Child

戦争、貧困、病気……どのような原因にせよ、幼い子供が片親または両親を失うことは悲劇です。
多くの孤児は行き場を失って路上で生活するようになり、そこで飢え、病気になり、耐えがたい虐待を受けるようになります。

オペレーション・ブレッシングは、給食プログラム、教育プログラム、保健医療プログラムなどを通じて、孤児や、ストリートチルドレンや、その他の困難な状況にある子供たちに支援の手をさしのべ、未来への希望を与えています。

オペレーション・ブレッシングの児童養護活動に関するQ&A

子供たちの飢餓救済について、どのような活動をしていますか?
貧しい村に住む家族は、食事は1日1回だけということもめずらしくありません。その食事はしばしば、量だけでなく栄養分も不足しています。子供たちは慢性的にお腹を空かせ、栄養失調に陥っています。私たちは、危険な状況にある子供たちが健康に成長できるようにするために、グアテマラ、ハイチ、ペルー、ケニアなどで給食プログラムを展開して、子供たちが規則正しく栄養のある食事をとれるようにしています。また、共同菜園や畜産などのプロジェクトを通じて保護者が現金収入を得られるようにすることで、子供たちが家庭でも十分な食事ができるようにしています。
どのような保健医療プログラムを実施しているのですか?
医療ミッションや移動歯科クリニックを通じて、貧しい子供たちが内科、眼科、歯科、外科的治療を受けられるようにしています。また、学校や地域で衛生指導を行ったり、貧しい人々が切望する医薬品を提供したりしています。
どのような教育プログラムを実施しているのですか?
オペレーション・ブレッシングは、貧困のサイクルを壊すための鍵の1つは教育であると信じています。私たちは、距離的あるいは金銭的な事情により学校に通えない子供たちが教育を受けられるように、ハイチ、ペルー、リベリアなどで学校の建設や改修を支援しています。中国とインドでは、奨学金を出したり、文房具を提供したりしています。成人教育や職業訓練も、子供たちの教育にとって重要です。教育や訓練を受けた親たちが条件のよい仕事につくことができれば、収入が増え、子供たちも学校に通えるようになるからです。
子供の人身売買を根絶するための活動はしていますか?
オペレーション・ブレッシングは、ラテンアメリカとアジアの全域で、予防、介入、回復という3つの段階からなる人身売買撲滅プロジェクトを展開しています。
Copyright ©2017 OPERATION BLESSING JAPAN All Rights Reserved.