fbpx
  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【宮城県丸森町仮設住宅支援】令和元年台風19号からもうすぐ2年

【宮城県丸森町仮設住宅支援】令和元年台風19号からもうすぐ2年

丸森町は宮城県の南端に位置し一級河川・阿武隈川が流れ、のどかな田園風景が広がるとても自然豊かな町です。

令和元年10月、台風第19号は強い勢力で静岡県に上陸した後、関東甲信地方と東北地方を通過。
宮城県においては10月11日から前線の影響で雨が降り出し、翌12日には台風の接近により昼過ぎから激しい雨となっていました。

その後台風の接近・通過に伴い、12日夕方から13日未明にかけては非常に激しく降り続き局地的に猛烈な雨に。
町内の10月11日午後3時から13日午前9時までの総雨量は筆甫地区594.5mm、丸森地区427.0mmと、10月1か月分の平年値の2~3倍の雨量に達していました。
丸森町内では10名の尊い命が犠牲となったほか、1名が依然行方不明となっています。

あの台風被害から間もなく二年が経過しようとしている現在でも、町内の仮設住宅では131世帯257名の方々が不自由な生活を続けています。

▼令和元年台風19号の災害支援についてこちらからご覧ください
https://objapan.org/category/typhoon-maemi-2019/

お知らせ

お知らせ一覧