fbpx
  1. HOME
  2. 活動レポート
  3. 【福島南相馬】~子どものハートケアプログラム~

【福島南相馬】~子どものハートケアプログラム~

コロナ禍以降、若い人が自ら命を絶ってしまうというニュースを聞くことが多くなりました。閉塞感を強く感じざるを得ない状況の中、不登校の児童も過去最多に上り、子どもの心のケアと居場所づくりはこれまで以上に重要な課題であります。
今週から新しく始まった子どものハートケアプログラムでは、プログラムを通じて相双地域の子どもたちの心を健やかに育みながら、子育てに励む保護者のお話を聴く居場所を解放しています。

子どものハートケア

リードしてくれるのは、地元南相馬市在住の牧師 黒川さんご夫妻です。
賛美やダンスといった、こどもたちがワクワクするようなプログラムを交えながら、聖書のメッセージを通して子どもたちの心を励まし力づけます。

子どものハートケア

今回語られたのは、「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」という、イザヤ書43章4節からのメッセージです。
家庭や学校生活に問題を抱えていたり、生きづらさを覚えている子は、自分自身を大切にするということがなかなかできません。
子どもたちをなによりも励ましてくれるのは、「あなたが大切だ」と言って励ましてくれる、温かい血の通った愛情ですが、それを受け取ることが機会が減ってきてしまっているからこそ、子どもたちの間で孤独や否定的な感情が広がっているように思います。

子どものハートケア

「この世界を創られた神様が、きみたちひとりひとりをかけがえのない存在として造られた。
きみたちは心から愛されている。」
パワフルでまっすぐなメッセージに、子どもたちは注意深く聴き入っていました。
「自分を尊い存在」としっかり心に刻み込まれ、自分を愛すると同時にまた他者を愛する健やかな心が育ちますように。

関連記事