fbpx
  1. HOME
  2. 活動レポート
  3. 【九州北部豪雨災害】細やかな被災者のケアを息長く

【九州北部豪雨災害】細やかな被災者のケアを息長く

九州北部豪雨の被災地で瓦礫撤去などの復旧作業が長引き、被災者の心身のケアが課題となっています。
被災のショックや疲労から不眠、食欲不振などを訴える人が目立ってきており、今後、長期的にいかにきめ細かいサポートができるかが問われています。
20620996_1089707824492450_4196863100241669837_n
オペレーション・ブレッシング・ジャパンは、特に今回被害の大きかった福岡県朝倉市から支援活動をスタートし、家屋に入った土砂の撤去や、住宅脇に高く積まれた災害ゴミの分別・回収作業を行ってきました。

その活動中、私たちは掃除をしながら、右わき腹に痛みを覚えている永野さんという方に出会いました。
永野さんは被災後、しばらくの間たったひとりで家の片づけをしてきました。
支援チームの看護師が永野さんの脇腹のようすを確認し、湿布薬を貼って差し上げました。
20597342_1089724617824104_6909892869240749385_n
幸い骨に異常はなかったものの、無理をして作業を続けていると疲労骨折してしまう危険性があるそうです。
避難所では十分に睡眠がとれていないと話す永野さん。
被災者の中にはご高齢の方も多く、永野さんのように疲労が重なり体調を崩すケースが増えていくことが懸念されます。

支援チームは引き続き、地域住民の方々へケアの手を差し伸べていきます。
被災地域の方々は過酷な環境を強いられており、早い対応が求められています。
どうかこの記事をご覧いただいている皆さま、私たちとともにケアの輪に参加してください。
20479535_1088035147993051_6574404997411989734_n
20374740_1085919861537913_8885282652467199047_n

下記の窓口から、是非、寄付のご協力をお願いいたします。
▼九州北部豪雨災害 寄付の窓口
支援</p> <p>のお願い

関連記事

活動レポート:おすすめ記事

活動レポート:最新記事

特集記事

Gallery ギャラリー

OBJAPANMEDIAギャラリー

活動レポート:カテゴリー

活動レポート:アーカイブ

お知らせ:アーカイブ