fbpx
  1. HOME
  2. 活動レポート
  3. 【福島:心のケア】困難を乗り越えていく心を育てて

【福島:心のケア】困難を乗り越えていく心を育てて

2016年5月13日
福島県南相馬市で開催しているOBJの心の支援プログラム「あとりえほーぷ」。
今回で2回目の開催となる大甕生涯学習センターで行ないました。
時に汗ばむ、晴れやかな天気の中、授業を終えた子どもたちがさっそく遊びに来てくれました。

【福島:心のケア】困難を乗り越えていく心を育てて

【福島:心のケア】困難を乗り越えていく心を育てて

今月のあとりえほーぷのテーマは「自分だけの色を作ろう!」です。

新緑が美しい季節なので、実際の葉っぱを用意し、同じ緑でも微妙な違いがある事を子どもたちにお話しました。
そして、好きな色の絵の具を2色選んでもらい、それらを使って画用紙いっぱいに描かれた葉っぱを塗っていきます。
みんなそれぞれグラデーション技法を用いながら、画用紙の葉を自分だけの色に染め上げていきます。

【福島:心のケア】困難を乗り越えていく心を育てて

【福島:心のケア】困難を乗り越えていく心を育てて

【福島:心のケア】困難を乗り越えていく心を育てて

赤と黒で落ち着いた色調のグラデーションを作ったり、逆にピンクと紫で鮮やかな色を作ってみたりと、子どもたちの発想は実に様々です。
固定観念にとらわれず、またみんなと比べたりせず、それぞれ持っている個性の違いを前面に出した素敵な作品が仕上がりました。
最後は、子どもたちと一緒に今日のテーマを振り返って記念撮影をパチリ。

【福島:心のケア】困難を乗り越えていく心を育てて

自分が持つ「個性」、つまり「周りとの違い」は、自分たちの未来を創っていく大きな強みになり
みんながもつ色を理解しあいながら、困難の中でも協力して生きていくということにつながります。

OBJはこの活動を通して、子どもたちが災害に向き合い、乗り越えていく心の成長を願っています。
震災による家庭や社会の環境変化の中でも、心の安全と励ましを与え、子どもたちに寄り添い、彼らが本来持っている力を発揮していけるよう今後もサポートを行っていきます。
福島の子どもたちが個性の花を咲かせ、自信をもって未来を描いていけるように、皆様のご協力をよろしくお願い致します。

■東日本大震災 支援の窓口
支援</p> <p>のお願い

関連記事