fbpx
  1. HOME
  2. 活動レポート
  3. シリア難民の冬支度

シリア難民の冬支度

1

中東というと冬でも温暖な印象がありますが、氷点下まで冷え込む地域もあります。多くのシリア難民が非公式キャンプで暮らすレバノンのベカー谷は、そうした寒冷地域の1つです。12月上旬には猛烈な冬の嵐に見舞われ、冷たい雨や雪が降りました。オペレーション・ブレッシングは、最も弱い立場にある人々を支援するため、迅速に活動しています。

3

私たちは、現地で活動するトライアムファント・マーシーというキリスト教系人道支援団体と協力して、ベカー谷で暮らす450世帯、約3,600人のシリア難民の冬支度を手伝っています。気温はまだまだ下がります。難民家族の健康と生命を守るためには、テントを暖かく保つことが重要です。

2

オペレーション・ブレッシングは、各世帯に薪ストーブと一冬分の薪を配布しました。さらに、50世帯のテントを防水シートで覆って、雨や雪への備えを強化しました。毛布の配布も行っています。

4

関連記事

活動レポート:おすすめ記事

活動レポート:最新記事

特集記事

Gallery ギャラリー

OBJAPANMEDIAギャラリー

活動レポート:カテゴリー

活動レポート:アーカイブ

お知らせ:アーカイブ