オペレーション・ブレッシング・ジャパンは寄付金や物資を届ける支援活動を世界39ヶ国で行っている国際NGOです。Operation Blessing International (OBI)の日本での活動を担っています。

  • date : 2014.10.22
  • writer : kei

SAPジャパン、浦戸野々島で漁業ボランティア

塩竈市浦戸諸島野々島で、SAPジャパン(株)社員25名による漁業ボランティア。オペレーション・ブレッシング・ジャパン(以下OBJ)の役割として企業の社会貢献活動に対する現地コーディネイトも大切な業務の1つです。

SAPジャパン、浦戸野々島で漁業ボランティア

SAPジャパン、浦戸野々島で漁業ボランティア

これまでも何度も足を運んでくださっているSAPジャパンのCSRチーム。

2014年8月30日は牡蠣のタネを付着させるための貝殻(ホタテ貝)を掃除しきれいにしていく作業と、その貝殻をロープに仕込んでいく作業ボランティアです。

いずれも美味しい牡蠣の養殖には欠かせません。 漁師が1つ1つ手作業で行なっており、大量にあるため時間のかかる大変な作業です。

漁師からも「作業が数日分短縮できた。」とよろこんで頂きました。

漁師からも「作業が数日分短縮できた。」とよろこんで頂きました。

SAPジャパンのCSRチームのみなさんはこれまで経験を積んできているので、漁業スキルが高く、慣れたようすで作業は順調に進みます。

浦戸の漁師からも「作業が数日分短縮できた。」とよろこんで頂きました。

塩竈市内でミーティング

塩竈市内でミーティング

作業を一通り終えた午後、塩竈市内で地元海産物の販路拡大をどのように支援していくかミーティングを持ちました。 SAPジャパン(株)からアイデアの提案をいただき、現在の必要性と支援できる活動について話合いがもたれました。これから 具体的なアクションとしておこなわれていきます。

震災以降3年以上が経過しましたが、被災地の水産業にはいまだ風評被害が重くのしかかっています。 私たちは東北の旬の食材が再び広く流通することを願っています。

時間をかけて関わり続ける・・SAPジャパン(株)のボランティアによる関わり合い。 大切にしたい貴重なサポート活動です。

Copyright ©2017 OPERATION BLESSING JAPAN All Rights Reserved.