オペレーション・ブレッシング・ジャパンは寄付金や物資を届ける支援活動を世界39ヶ国で行っている国際NGOです。Operation Blessing International (OBI)の日本での活動を担っています。

  • date : 2014.09.10
  • writer : OBJ管理

「夏休みの思い出」をプレゼント①

東日本大震災の地震と津波で福島第一原発の事故が発生しました。 福島に住む子どもたちは事故の影響によって、外で自由に遊ぶことができていません。

アクティビティいっぱいの2泊3日

アクティビティいっぱいの2泊3日

 

2014年8月-オペレーション・ブレッシング・ジャパンは福島の子どもたちを招いて、楽しい体験をプレゼント。
宮城県大衡村の自然いっぱいの場所でアクティビティ満載の2泊3日のキャンプを開催いたしました。 

キャンプ地に到着

キャンプ地に到着

8月7日の初日。 お昼・・朝早くから準備したみんながキャンプ地に到着です。

みんなが誰かの力になってあげられるように・・

みんなが誰かの力になってあげられるように・・

まずは参加者が集まってのオリエンテーリング。 代表ドナルド・トムソンからこれまでのOBJの活動を紹介し 「みんなが誰かの力になってあげられるように・・。」と話しがありました。

 一人ずつインタビューしながら全員と話

一人ずつインタビューしながら全員とお話し

その後は自己紹介ゲームです。 一人ずつインタビューしながら全員と話できる機会になっていて 少し堅かった表情にも笑顔が見えるようになりました。

カラフル野菜クッキー講座

カラフル野菜クッキー講座

雷雨になりそうな天気の午後、本日のメインイベント カラフル野菜クッキー講座(※(株)エージーによる)を開催。 野菜の栄養素を学びながら楽しく美味しくクッキー作りを体験します。

さっそく型ぬき

さっそく型ぬき

クッキー生地は赤・黄色・緑の3色の野菜が練りこまれていて 参加した子供たちはカラフルな生地をみて大喜び! さっそく型ぬきに取り掛かります。

そんな中、将来の夢が「パティシエ」と言っていた男の子 「見て!僕が自分で作ったんだよ。上手でしょ。」と作ったクッキーを持ってきました。

手のひらのクッキーは型ぬきで作ったものではなく、自分の手で好きな形に作ったクッキー。 短時間で作ったとは思えないような仕上がりでビックリ。 「すごいね!」と応えると、ニッコリ笑顔を見せてくれました。

いろんな色のクッキー完成

いろんな色のクッキー完成

今朝・・キャンプ地であるゴスペルタウンに向かうまでの車内でのこと・・ 「僕はお菓子作りが大好き!!だからパティシエになれたらいいな。 まわりを驚かせるくらい、大きなケーキを作ったり みんなが美味しいって言ってくれるような物を作りたい。」 と教えてくれていたのです。

男の子の家は津波に流され、住んでいた場所も原発による影響があります。 また仮設住宅の生活では、お菓子作りはなかなか難しく 今回のクッキー作りを楽しみにしてくれていたのだそうです。

クッキー作りが終わった後、「今度はでっかいケーキ作りをしたい!将来の夢の練習にもなるしね。」 と目をキラキラさせていたのが印象的でした。

記念写真

記念写真

明日は万葉クリエートパークでアスレチックです。

初日からこんなにはりきっていて大丈夫かな?(笑)

つづく・・・

Copyright ©2017 OPERATION BLESSING JAPAN All Rights Reserved.