オペレーション・ブレッシング・ジャパンは寄付金や物資を届ける支援活動を世界39ヶ国で行っている国際NGOです。Operation Blessing International (OBI)の日本での活動を担っています。

  • date : 2017.07.25
  • writer : obj

【ライズアップゴスペル教室】希望と勇気を届けたい〜震災から立ち上がった人々

2017年7月22日
福島県南相馬市 ジャスモール

東日本大震災から6年。
「被災地から希望を発信していこう」という想いを胸に立ち上げられた、南相馬ライズアップゴスペル教室は、今は参加メンバーが20名を超えるクワイヤへと成長しました。
そして今回、市内の商業施設ジャスモールで、念願の発表会を開催することができました。
IMG_0135
ここ南相馬市は、地震・津波・原発事故、そして風評被害の4重苦に見舞われた地域です。
津波の被害や原発事故からの避難によって人口が減少し、行政区の解体を余儀なくされた地区もあります。
今まで当たり前だった生活の営みが突如として崩壊し、ある人は家族、家、そして大切なふるさとを失いました。

その痛みは、何年経っても癒えるものではありません。
しかし、時は確実に進んでいく。
その中で、「しっかり前を向いて、希望をもって生きていこう」。
そんな力強いメッセージが込められた、希望溢れる歌声が会場全体に響き渡りました。
IMG_0146
IMG_0108
IMG_0101
突然の雷雨に見舞われたにも関わらず、買い物にいらっしゃった方の多くが足を運んでくださり、会場はゴスペルの熱気と拍手に包まれました。
発表会終了後、クワイヤの何名かの目にはうっすら涙が浮かんでいました。
「頑張ってきてよかった。なんだか、ステージに立っていたら感極まってしまって…」
「緊張したけど、本当に楽しかった。またみんなと歌いたいです」

練習を積み重ねた仲間達と喜びを分かち合い、笑顔を咲かせるメンバーの姿を見て、被災地に新たな絆の輪が出来たことを実感しました。
「多くの痛みと困難を経験しても、人はまたそこから立ち上がることができる。」
南相馬ゴスペルクワイヤは、これからも歌声を通して福島に、そして全国に、希望と勇気のメッセージを発信し続けていきます。
IMG_0081
皆さんも、この支援の輪に一緒に参加しませんか?

■福島復興 支援の窓口
支援</p> <p>のお願い

Copyright ©2017 OPERATION BLESSING JAPAN All Rights Reserved.