オペレーション・ブレッシング・ジャパンは寄付金や物資を届ける支援活動を世界39ヶ国で行っている国際NGOです。Operation Blessing International (OBI)の日本での活動を担っています。

  • date : 2017.03.01
  • writer : obj

【復興:東日本大震災】宮城県気仙沼から海の幸のお便り

晴れ間が出たかと思ったら、突然、吹雪いた寒い2月のある日。
オフィスにあるお客様が訪問してくださいました。


東日本大震災における復興支援活動で、地域の世話人としてオペレーション・ブレッシング・ジャパンに協力してくださった、宮城県気仙沼市本吉町の元町長 千葉仁徳さんです。

【復興:東日本大震災】宮城県気仙沼から海の幸のお便り

【復興:東日本大震災】宮城県気仙沼から海の幸のお便り


————————————————————————–


2012年、津波で漁に必要な道具を失った蔵内漁港の漁師に、オペレーション・ブレッシング・ジャパンとSAPジャパン株式会社は
漁船・冷蔵庫・養殖用ロープなどの漁具を寄贈しました。

【復興:東日本大震災】宮城県気仙沼から海の幸のお便り


▼和船寄贈プロジェクト 三陸仕様の和船の寄贈
https://objapan.org/report/682/

▼養殖用ロープの納品
https://objapan.org/report/674/

▼宮城県蔵内ワカメ ボランティア作業
https://objapan.org/report/5130/

そして、今も若い漁師が中心となって「蔵内之芽組」として、ホヤやワカメの養殖から鮭漁を続けています。

▼蔵内之芽組
https://www.facebook.com/cool.megumies/

震災の時のこと、メガネ支援を通じて知り合った時のこと、そして復興のために奔走した日々のことをオペレーション・ブレッシング・ジャパン代表ドナルド・トムソンと当時を懐かしみました。


————————————————————————–


千葉さんは、お土産で朝採れたばかりのワカメを持ってきてくださりました。
長さは2メートルにもなろうかというワカメが丸ごとです。
茎や芽株や葉の部分など、それぞれにある調理方法を詳しく教えてくださいました。

【復興:東日本大震災】宮城県気仙沼から海の幸のお便り

【復興:東日本大震災】宮城県気仙沼から海の幸のお便り


ひととき、オフィスの中にほのかな磯の香りがし、復興の道を歩む気仙沼の海に思いをはせました。


■東日本大震災 支援の窓口
支援</p> <p>のお願い

Copyright ©2019 OPERATION BLESSING JAPAN All Rights Reserved.