福島支援・九州支援・東日本大震災 緊急災害支援/復興支援/心のケア支援|NPO法人オペレーション・ブレッシング・ジャパン

  • date : 2018.02.14
  • 活動地域 :

【プエルトリコ】ハリケーンの苦しみを乗り越えて

史上最大規模のハリケーンの直撃を受けたプエルトリコ。
被害を受けてからの数ヶ月間、アムネリアさんと2人の子ども達は、倒壊した家の残された一室で生活しなくてはなりませんでした。
アムネリアさんの家の屋根は、ハリケーンマリアが引き起こした土砂崩れによって崩壊し、家財をことごとく飲み込んでしまいました。
weathered-storms-before
9歳になる息子のアロンドラくんと5歳のジェレミーくんは、幼いながらにして大きな困難と戦ってきました。
アロンドラくんは肝臓の移植手術を受けたばかりで、回復に向けての治療を行なっており、またジェレミーくんも、数年前に心臓手術を受けていたのです。

財産のほとんどを失い、今後の生活の目処が立たなかったアムネリアさん。
望みもなく、安心して住める家もない日々を送っていた彼女が出会ったのが、オペレーション・ブレッシングでした。
ハリケーン直撃後、オペレーション・ブレッシングは速やかにスタッフをプエルトリコに派遣し、緊急支援活動を行ないました。

配給した太陽光式の電灯や安全な飲み水は、島民の方々に大変喜ばれました。
さらにオペレーション・ブレッシングは、アムネリアさん家族のニーズに沿った支援を行うため、家の修築工事を行ないました。
weathered-storms-family
新しい屋根を取り付け、家具を一新し、ゆっくり休めるベッドを提供しました。
また、キッチンやテーブルも新調しました。
weathered-storms-home
新しく生まれ変わった家を前にして、満面の笑顔を見せたアムネリアさんご家族。
数々の困難を乗り越えて、明日を生きる新たな希望が一家に届けられたのです。

Copyright ©2018 OPERATION BLESSING JAPAN All Rights Reserved.