オペレーション・ブレッシング・ジャパンは寄付金や物資を届ける支援活動を世界39ヶ国で行っている国際NGOです。Operation Blessing International (OBI)の日本での活動を担っています。

  • date : 2018.01.06
  • 活動地域 :

【世界の国々から】2017年の支援活動の歩み

いつも支援を通して私たちの活動を支えて下さっている皆様に、改めて心から感謝致します。
新たな年を迎えるにあたり、昨年世界各国で行なわれたオペレーション・ブレッシングの活動を紹介させて頂きます。
今回は、1月から6月までの上半期の活動模様をお届け致します。

■1月:アメリカ
ハリケーン「マシュー」によって大洪水が発生したバージニア州やノースカロライナ州。
オペレーション・ブレッシングのボランティアが浸水した家屋の支援に入り、床板などを剥がして運び出す作業を行いました。
us2

■2月:イラク
OBJ会長のビル・ホランが、ISISの破壊の爪痕が色濃く残るイラク北部を訪問。
難民キャンプで暮らす家族が再び自分の家に暮らせる日が来るよう、食糧や寝具用のマットレスなどの物資を配給しました。
24038750f4a48304d728d46842ab0435

■3月:ペルー
大規模な洪水と土砂崩れがペルーで発生し、川から押し寄せた濁流と泥によって多くの住宅が破壊されました。
オペレーション・ブレッシングチームは、緊急支援として被災した家族に食料や水、おむつといった衛生用品を配給。
被災者ひとりひとりの生活再建へ向けた支援を行ないました。
image26

■4月:ザンビア
安全性が確保された水を手に入れることが困難で、雑菌などによる感染症リスクと隣り合わせの暮らしをしていた、ザンビアのサンサ村。
オペレーション・ブレッシングは採掘機で井戸を堀り、給水設備を整えることで、多くの地元住民が安心して水を利用できるようにしました。
31448026366_44dabf805f

■5月:ネパール
5~14歳までの子どもの3分の1が労働についていると言われるネパール。
2016年、オペレーション・ブレッシングは子ども達に教育を届ける場として「子どもの家」を建設し、継続した教育支援を行なうことで子ども達の健やかな成長を支えています。
Ganga-after-2 (1)

■6月:ガーナ
児童労働救済をするチャレンジング・ハイツとオペレーション・ブレッシングが協力し、強制労働についている子どもたちに教育プログラムを提供する活動を行いました。
そのプログラムを受けた一人のサムエルくんは、裁縫技術を学びながら、将来洋服屋を開くことを夢見ています。
90ede8be162c92ef6555eab8fb7caede

Copyright ©2018 OPERATION BLESSING JAPAN All Rights Reserved.