オペレーション・ブレッシング・ジャパンは寄付金や物資を届ける支援活動を世界39ヶ国で行っている国際NGOです。Operation Blessing International (OBI)の日本での活動を担っています。

  • date : 2017.08.30
  • 活動地域 :

【アメリカ テキサス州】ハリケーン「ハービー」の脅威続く

Harvey-damage-3-1
非常に強い勢力でカテゴリー4に指定されたハリケーン「ハービー」が、先週金曜の深夜テキサス州を襲いました。現在は熱帯低気圧に弱まったものの、今後も甚大な被害が出ることが懸念されています。
嵐はテキサス州に記録的豪雨をもたらし、深刻な降水被害が発生しています。

海岸沿いの地域は、洪水によって樹々がなぎ倒され、家屋が損壊し、急激な水位の上昇に見舞われています。
多くの住民が、水や燃料の枯渇に悩まされていますが、営業中のスーパーやガソリンスタンドはほとんどありません。
Harvey-aftermath-2
記録的豪雨に襲われたヒューストンでは、住民がヘリコプターやボートで救助される事態となりました。
一部の地域では降水が600ミリ以上に達し、今後テキサス海岸沿いでは1200ミリ降ると予想されています。
少なくとも5人が死亡し、何万もの人々が避難先を求めています。

この変動的な嵐は今後も大雨をもたらす見通しで、さらなる被害拡大への懸念が強まっています。
一旦は熱帯低気圧になった「ハービー」ですが、その後メキシコ湾に戻り、海水温の水蒸気と上昇気流からエネルギーを供給しながら、ヒューストンに再度強力な大雨を降らすと考えられます。

市内の川は増水を続け、今週までに最大水位に達する見通しです。
米国連邦緊急事態管理庁のブロック・ロング氏は、「テキサスでこのような非常事態は前例がない」と発表しました。
Harvey-Jody-hugging-2
この緊急事態を受け、オペレーション・ブレッシングは支援活動を開始しました。
アメリカ災害支援対策本部長のジョディ・ゲティーズと共に、海岸地域を視察し、被害状況を把握すると共に被災者の方々を励ましました。

今後予想される大規模な嵐への備えとして、オペレーション・ブレッシングはすでに実用的支援を開始し、ダラスの避難所に50のベビーベッドを提供しました。
また、災害支援用の大型車両を用意し、被災地に必要とされている大量の食糧や簡易シャワー、冷蔵庫や発電機等をいつでも提供できるようにしました。
オペレーション・ブレッシングは、被害が現在進行中のテキサスで、迅速かつ的確な支援を続けて参ります。
Harvey-relief-planning
大勢の住民が「ハービー」に対して不安や動揺を募らせていますが、皆様のご支援によって現地の最前線に立ち、テキサスの人々に支援を届けられることを感謝します。

Copyright ©2017 OPERATION BLESSING JAPAN All Rights Reserved.