オペレーション・ブレッシング・ジャパンは寄付金や物資を届ける支援活動を世界39ヶ国で行っている国際NGOです。Operation Blessing International (OBI)の日本での活動を担っています。

  • date : 2016.07.25
  • 活動地域 :

【洪水から1ヵ月】米ウエストバージニアで未曽有の大洪水

2016年6月25日アメリカ東部ウエストバージニア州で記録的な豪雨が発生。
短時間で河川などの水位が増加し、州一連が大規模な浸水に見舞われました。
これまでに23人が死亡し、数千人が住む家を失いました。

【洪水から1ヵ月】米ウエストバージニアで未曽有の大洪水

米国の国立気象局は、今回の洪水を千年に一度の驚異的な規模のものだと宣言しました。
洪水から一か月が過ぎ、被害の全貌も徐々に明らかになってきました。

【洪水から1ヵ月】米ウエストバージニアで未曽有の大洪水

多くの洪水被害者と同様、ベネッサさんとロバートさんは水量の急激な増加を予知することができませんでした。
「ひどい雨だとは思いましたが、特に危機感は覚えませんでした。」
ベネッサさんは当時の状況を次のように語っています。
「ドンッという音がして、ドアの下から水が押し寄せてくるのが見えたんです。」

【洪水から1ヵ月】米ウエストバージニアで未曽有の大洪水

ベネッサさんは、子ども達に洋服など必要最低限の物を持たせ、屋根裏へ避難するよう命じました。
その後ベネッサさんは、仕事中だった夫のロバートさんに連絡を取りましたが、彼が家に着いたのはそれから5時間半後のことでした。
トラックのボンネットの高さまで水が押し寄せ、ロバートさんが家にたどり着くのを阻んだのです。

ロバートさんを待っている間、ベネッサさんと子ども達は家々や建物、トレーラーが洪水で押し流されていく様子を茫然と見つめていました。
ロバートさんが家にたどり着いたとき、ようやく家族全員で高台へ避難することができました。

【洪水から1ヵ月】米ウエストバージニアで未曽有の大洪水

ロバートさんとベネッサさんを始めとしたウエストバージニアの人々にとって、復旧作業は始まったばかりです。
現在オペレーション・ブレッシング・アメリカの災害支援チームが救援作業に当たっており
すでに食料と支援物資を積んだ2台の大型トレーラーを現地に派遣しました。
オペレーション・ブレッシングは、地元の職員や牧師との数日間の協議を行った後で
ウエストバージニア州の復興へ向けた最善の支援策を展開していく予定です。

Copyright ©2019 OPERATION BLESSING JAPAN All Rights Reserved.