【ネパール教育支援レポート】希望のバックパック

【ネパール教育支援レポート】希望のバックパック

【ネパール教育支援レポート】希望のバックパック



ネパールのとある小さな村に、希望を一つにした三人の男の子が暮らしています。

その希望とは、将来へ向けて最高の教育を受けるということ・・。

その熱意に突き動かされ、イショワール君(12歳)、スミンくん(14歳)、ローザン君(16歳)のは、毎日2時間かけて学校に通っています。

どれだけ学校が遠くとも、彼らは食料や水に事欠く家族を支えたいため、毎日学校へ通い続けているのです。



オペレーション・ブレッシングは、三人が暮らす村に学用品や衛生キットを支給し、現地の家族のニーズに沿った支援を展開しています。

村に向かう途中、OBIチームはイシャワール君、スミン君、ローザン君に出会いました。

彼らは自分たちの日常生活、日々学用品を抱えて学校と村を行き来することがどれだけ大変かを教えてくれました。



以前、オペレーション・ブレッシングは彼らの村を訪問し、彼らに学用品と衛生キットを手渡したことがあります。

彼らはその時の贈り物に心からの感謝を言ってくれました。

バックパックをはじめとした様々な学用品を手にしたことによって、彼らは経済的な負担をかけることなく学校を続けられるようになったのです。



「ぼくたちの村に来て今日まで支援してくれて、本当にありがとうございました。特にバックパックがうれしい。これで登校が以前よりも早く、そしてスムーズになりました。OBIのバックパックにノートを入れて学校に通えることを、ぼくたちは誇りに思います。」

ローハンくんは、OBIの支援にどれだけ感謝しているのかをわれわれに伝えてくれたのです。



2015年4月に発生したネパール大地震は、これまで貧しく生活していた人々をさらに窮地に追い込んでいます。

教育支援を求めるネパールの人々にあなたの寄付をお待ちしています。




寄付する



活動レポート:おすすめ記事

活動レポート:最新記事

特集記事

Gallery ギャラリー

OBJAPANMEDIAギャラリー

活動レポート:アーカイブ

お知らせ:アーカイブ