fbpx
  1. HOME
  2. 【緊急コロナ対策支援】次亜塩素酸水製造・配送プロジェクト

寄付する

DONATE

【緊急コロナ対策支援】医療と福祉現場に除菌水を届けよう!

これまでに特定警戒都道府県を中心に870件の医療・福祉施設へお届けしました。
届けた除菌水:総量1万7,400リットル
除菌水利用者数(職員・利用者含め): 234,038人


ウィズ・コロナの環境下で闘う医療・福祉現場 4月7日に出された緊急事態宣言が、5月25日全面解除となりました。
1月に国内で初めて新型コロナウイルス感染による患者が確認されてから約5ヶ月。
学校の再開や休業していた福祉施設の運営再開など、わずかながら明るい兆しが見えてきているなかで、医療現場、障がい者・高齢者介護施設では今なお気の休まらない日々が続いています。

国は基本的対策として「人との間隔はできるだけ2メートル空ける」ことを挙げましたが、入浴や食事の介助は「最低1メートル」とされる距離を保つのも難しく、対策を徹底するのは容易ではありません。

私たちは、4月から医療機関、そして身体接触をともなう身体障がい者・知的障がい者・精神障がい者・高齢者・児童をケアする施設へ、除菌水(次亜塩素酸水)の無料配送プロジェクトを開始しました。 現場職員の方々の安心安全な労働環境を整え、集団感染を減らし、医療と介護崩壊を未然に防ぐために、全国各地の施設に除菌水を配送しています。 しかし、現在も続々と要請が入っており、継続して次亜塩素酸水を製造・配送するための資金が不足しています。
「医療」と「介護」という国民の重要なライフラインを守るために、コロナウイルスの最前線で闘っている方々を、皆様のご支援で支えてください。

accessibility_new 現場からのSOS

日常的に職員のマスクが引きちぎられたり、食事などの介助で濃厚接触は当たり前と、三密とは遠い日常生活を過ごしています。
消毒液も少なくなり、油断できない状況です。


【東京都 知的障がい児通所施設】
新型コロナの感染増加がやまない中、休むわけにはいかないグループホームとしては、備蓄のアルコールも底をつき、各事業所間で融通しあって何とか日々繋いでいます。
毎日が感染リスクと隣り合わせで不安です。

【京都府 グループホーム】
医療に頼らないと生きていけない重度の障がいをもち、人工呼吸器が必要な子どもを日中お預かりしている施設です。日々の衛生管理のためのアルコールはまさに命綱ですが、現在入手困難な状況で大変困っております。

【栃木県 重症障がい児ケア施設】

record_voice_over 除菌水を受け取った現場からの声

近頃では電解次亜水やエタノールなどの消毒液がどこも不足していてなかなか手元に届かず、在庫も不足気味でしたので本当に助かりました。
おかげさまで利用者様が不安なく元気に安心して通所して頂けるように、要所要所で除菌を続けていくことができます。本当にありがとうございました。

【愛知県 デイサービス事業所】
緊急事態宣言も延長され、ほとんどの保護者の皆さんが休めない職場で頑張っていらっしゃる中、子どもたちもウイルスに罹らないように毎日学童クラブで生活をしております。この日々の中でなくてはならない除菌水をお送りいただき、小さな命が守られております事を心より感謝いたします。
【東京都 医療・行政関係者のお子さんを預かる児童クラブ】
予期せぬコロナの猛威に、現場の介護職員はどう対処すればいいかわからず大きな不安の中にいます。また、重い障がいのある人が多く利用する法人のため、感染しないように法人全体が必死で取り組んでいるところです。 そんな中、貴法人の素晴らしい取り組みを知り、感謝の気持ちでいっぱいです。この電解水を利用して、これからも感染予防に努めて参ります。【京都府 社会福祉法人】




emoji_people 二つのお願い

 ① 寄付のお願い

下記のコロナウイルス対策支援受付窓口にて、寄付金をお預かりしています。 要請を受けた施設に届けるための次亜塩素酸水の原液・タンク購入・及び配送などに使わせていただきますので、ご支援をお願い申し上げます。

 寄付する 
 ② 拡散のお願い

ぜひ本プロジェクトをSNSで拡散してください。 医療と福祉の現場の声を多くの方に届けていただき、応援の輪を広げていくためにご協力をお願いします。

Share Share


 除菌水をお求めの医療・福祉現場の皆様へ

 除菌水をご希望の場合以下よりお申し込みください。

 除菌水希望申し込みフォーム 

※該当業態:病院、就労継続支援事業所、グループホーム、障がい福祉サービス事業所、放課後等デイサービス、児童発達事業所、ホームレス支援事業所、訪問看護ステーション、リハビリテーションセンター等

【記載事項】
・法人名
※複数事業を持っている場合はお知らせください(必ず送れるとはかぎりません)
・施設住所 
・施設連絡先電話番号
・送り先窓口担当者
・事業種別 
・利用者数(おおよその利用者・職員数) 
※上記のご記入がない場合、配送できない場合もございます。
※必ず先方様の了承を得てください。

【ご連絡者さまについて】
・氏名
・連絡先 メールアドレスもしくはお電話番号
※上記のご記入がない場合、こちらからの追加の質問ができずに配送できない場合もございます。

※時期や状況に応じて長くお待たせしてしまうことも予想されます。予めご了承ください。