fbpx
  1. HOME
  2. 活動レポート
  3. 【コロナ対策支援】横浜YMCA様からお礼のメッセージをいただきました!

【コロナ対策支援】横浜YMCA様からお礼のメッセージをいただきました!

東京都で6日連続で100人を超える新型コロナウイルス感染者が確認され、感染拡大の第2波への警戒が強まっています。
オペレーション・ブレッシング・ジャパンは、続けて要請を受けた福祉・児童施設、障がい福祉事業所へ除菌水の配送を行っています。

今回は横浜YMCA様からお礼のメッセージをいただきました。

学校の行事は次々に中止になり、子どもたちはお友だちや先生とともに過ごす時間が失われています。
そのような厳しい状況のなかでも、横浜YMCA様では館内環境の整備を強化しつつ、失われつつある子どもたちの貴重な学びと体験の場を提供し続けています。

コロナウイルスの収束は未だ見えませんが、子どもたちや働かれるスタッフの方々ひとりひとりの安全につながるよう、われわれは続けて除菌水配送支援を実施して参ります。
緊急コロナ対策支援プロジェクト詳細はこちらから

この活動はSAPジャパン株式会社の助成協力と内外の支援者による寄付をいただいて実施しています。

SAPロゴ

次亜塩素酸水の安全性・有効性について
2020年5月末から6月にかけて次亜塩素酸水の有効性が証明されていないという一部報道がありました。
今回試験を発表したNITEのファクトシートをよく読むとわかりますが発表では
・噴霧が注意されているのは次亜塩素酸ナトリウムであること(当団体が出荷している微酸性電解水のことではない)
・次亜塩素酸水の種類の一部の試験をしたこと
などが書かれています。

一方北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターの調査により、次亜塩素酸水pH5.5 40PPMで新型コロナウィルスを不活化したことが発表されました。
当団体が生成している次亜塩素酸水(微酸性電解水)は、pH5.0~6.5、80 PPMで出荷し、使用時に有効塩素濃度を計測するための試験紙も同封しています。
微酸性電解水の安全性と効果につきましては、下記のページをご参照ください。

・微酸性電解水とは〈微酸性電解水協議会ホームページ〉
・北大研究グループが第二弾発表 「次亜塩素酸水」のウイルス不活化
・次亜塩素酸水溶液普及促進会議 ご意見・ご賛同メッセージ


適正に製造された次亜塩素酸水は、インフルエンザウィルスやノロウィルスに有効であることは実証されています。
新型コロナ禍、安価で大量の除菌水が必要とされる現状において、次亜塩素酸水は国民の衛生を守るために有効な選択です。正しい試験結果と誤解を招かない説明がなされることを願っています。

関連記事

活動レポート:おすすめ記事

活動レポート:最新記事

特集記事

Gallery ギャラリー

OBJAPANMEDIAギャラリー

活動レポート:カテゴリー

活動レポート:アーカイブ

お知らせ:アーカイブ