オペレーション・ブレッシング・ジャパンは寄付金や物資を届ける支援活動を世界39ヶ国で行っている国際NGOです。Operation Blessing International (OBI)の日本での活動を担っています。

オペレーション・ブレッシング・ジャパン代表のブログ

  • date : 2016.03.11
  • writer : obj

3.11から5年。

運命の日から5年が経ちました。
多くの方々にとって最悪の日で、東日本をはじめ、全国また全世界に大きな衝撃を与えました。
“3.11”は破壊と死が支配した日として覚えられています。

3.11から5年。

3.11から5年。

しかし、この暗い日の翌日に、太陽はいつものように登り、灰の中から美しいものが生まれました。
生きるために、多くの人は助け合い、新しい絆がいたるところに生まれました。
3.11以降の活動、出会い、生活の変化などたくさんの方々の人生を変えました。

この日を体験したひとりひとりにストーリーがあります。
みんなのストーリーはメディアで取り上げてくれないかもしれませんが、個人個人にとって大切なストーリーで、今後の生活に大きな影響を与えています。

愛する家族を亡くし、悲劇を体験した方でも、新しい希望をもって前進している方々もいれば、まだどん底で苦しんでいる方々がいます。また、一方でこの出来事を通して、すべてが抹消され新しいチャンスが訪れ、前の生活よりよくなった方々もいます。

私たちオペレーション・ブレッシングは、この3.11をきっかけに日本での活動が始まり、この日がなかったなら、今やっていることや、この5年間のたくさんの出会いはありませんでした。

3.11から5年。

3.11から5年。

この5年間で培った経験と出会いを生かして、長いスパンで日本に必要な支援活動をしていきたいと思っています。
日本は豊かな国ですが、『精神的な支援・心の支援』はまだまだ必要です。
私たちのこの6年目の活動は、複合災害でまだ大きな影響を受けている南相馬の方々のためにより活動を強化し、また、避難生活をされている宮城県の沿岸部の方々のためにも活動をつづけたいと思います。

3.11から5年。

ここ数年、関わった『若手漁師育成プログラム』は、公開したビデオで終了します。
しかし続けて、見守り若手漁師の応援につながる情報発信をしていきたいと思います。

ドナルド・トムソン
OBJ代表
2016/3/11

Copyright ©2017 OPERATION BLESSING JAPAN All Rights Reserved.