オペレーション・ブレッシング・ジャパンは寄付金や物資を届ける支援活動を世界39ヶ国で行っている国際NGOです。Operation Blessing International (OBI)の日本での活動を担っています。

オペレーション・ブレッシング・ジャパン代表のブログ

  • date : 2015.01.01
  • writer : obj

上からくる知恵で困難に立ち向かう -新年にあたっての決意-

明けましておめでとうございます。

寒い中、生活に困窮している人がいます

皆さんは色々な思いでこの新しい年を迎えていると思います。
忘年会の時期が終わり、今年は去年よりもっと良い年になるように希望を持ちながら、新年会をおこなったりしていると思います。

去年の暮れ私たちは、仙台でホームレスの支援活動をしているNPO「夜回りグループ」が定期的に行っている炊き出しの現場を訪ねました。

こんなに裕福で、福祉が充実している日本でも、色々な事情で住む家が無い方々がいることに驚きました。
NPOの代表の牧師先生から聞きましたが、多くのホームレスは、寒い夜の間は起きたまま動き周り、昼間は温かい公の場所で睡眠をとるそうです。
厳しい寒さの東北の冬では、このような生きるための知恵を使わないと凍死してしまう危険があるのです。

ホームレスの方だけではなく、誰でも、生活のための知恵が必要です。
生活するためには運ではなく、知恵によって私たちは生かされています。
なぜ「失敗」したのかを見つめていくと、運が悪かったからというよりは、知恵にかけていたのだとわかるものです。
(不正も働いて、今の立場に立たされている可能性もありますが・・)

私が大切にしている聖書の言葉によると、「知恵は上から来る」と教えています。
困った時に、知恵が必要だと思った時、また普通に生活するために、誰でもこの上から知恵が必要なのです。
知恵が与えられていても、その知恵に従う必要があります。
また何が知恵か、何が愚かな行動なのかも見極めることも必要です。

この新しい年にもまだまだ多くの社会問題、国際問題に直面している世の中です。
個人レベルで、自分の家族、生活、また健康に関わる問題に直面している方は多くいます。
皆、知恵が必要です。

私たちオペレーションブレッシングは、この「上から来る知恵」(聖書ヤコブ書3:17)を求めて、活動を続けます。
今年は、引き続き、福島の仮設住宅などに住む避難者のための心のケアと、福島の子どもたちのためのプログラムを展開していきます。
また、海外でのオペレーション・ブレッシング・インターナショナルの活動も日本から支援し続けます。

本当に良い年になりますように、知恵に満ちた生活が出来るようにお祈りしています。

オペレーション・ブレッシング・ジャパン代表
ドナルド・トムソン

Copyright ©2017 OPERATION BLESSING JAPAN All Rights Reserved.